気になるモノ (interesting items)

アメトーークスペシャルで紹介された空気清浄機を買ってしまった

投稿日:

ブルーエアー411

ブルーエアー411

空気の汚れた街中では必需品になりつつある空気清浄機。首都高速近隣&幼児持ちだとなおさらである。

で、この空気清浄機、ブルーエアー411。アメトーークを見ていた嫁が勢いで買ってしまった。自分もOKしたのだが、、、。

届いてみてまず思ったのが、とてもシンプル。悪く言えばちゃちい。余計なものを削ぎ落とした良くも悪くもこれが北欧デザインか。メーカーはスウェーデンの会社である。

そしてとても軽い。これは部屋間を持ち運んで使いたい場合はとても良い。うちのもうすぐ3歳になる幼児が軽々と持ち上げた。

大きさも程よい感じである。人によって感じというのは変わるだろうが、邪魔には感じない大きさである。高さ42センチ、直径20センチの筒状の形だ。

その割にはパワフルで、22㎡(約13畳)までの対応とある。360°全方向から吸引し、独自技術により花粉やウイルス、PM 2.5等の微粒子を除去するとのこと。

機能は至ってシンプル。天板の真ん中にスイッチがあり、それに触れるだけ。[オフ]→[弱]→[中]→[強]→[オフ]となる。それに合わせてLEDが光る。他にボタン類は見当たらない。昔の扇風機並である。

ブルーエア422のスイッチ

ボタン類はこれだけ([弱]状態)

空気が汚れていると自動的に[強]になって、空気がキレイになるとこれまた自動的に[弱]になるといった機能はない。(同社の他の製品ではありそうである。空気モニター機能を持った製品とwi-fi連動するといった製品もあるが、これにはそういった機能はない)

フィルターが汚れるとLEDが赤くひかる。ここで一つ注意。着せ替え可能なプレフィルターは洗って繰り返し利用可能だが、メインフィルターは交換が必要とのこと。交換目安は6ヶ月。フィルターのお値段は3000円(税抜)。要注意である。

と言った訳で、複数部屋を持っていて、独り暮らし(断捨離にあこがれてると尚可)、もしくは家には一人または子どもといることが多い人で、部屋ごとに空気清浄機を置くのはちょっと、、、と考えている人向けなのではないだろうか。


-気になるモノ (interesting items)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

月刊かがくのとも 祝600号

月刊かがくのともは600号 子どもの寝かしつけ時に読んでいて、勉強になるなあと思ったのがこれ。 福音館書店の出す「月刊かがくのとも」。 絵本の形式で身の回りのものを解説してくれるので、なるほどなぁと感 …

ほうじ茶クリームフラペチーノwithoutキャラメルソース #スタバ

ついにありつけました、ほうじ茶クリームフラペチーノwithキャラメルソースのキャラメルソース抜き&ノンシロップ。 ほうじ茶ティーラテを愛飲する自分には、これでしょ、という感じでオーダーしました …

おさるのジョージ「わくわくアドベンチャー」本日放送

「おさるのジョージ」フリークの我が家の中で超絶傑作と名高い超名作。 都会と田舎のキャラがバランスよく出演し、ラストシーンのよさが際立ってます。 何度も見て、ビデオにも録ってるけどまた見そう。

no image

沸騰の様子が見える電気ケトル(湯沸かし器)

アマゾンの広告で下の電気ケトルが載ってきてた。沸騰してる様子が見えるなんて、理科の実験みたいでたのしそうです。ちょっと欲しいな、なんて思いましたがちょっと値が張ります。諦めようかと思ったら類似商品が意 …

no image

ザ・なつやすみバンド 速度のうた

子供がいるとEテレをよく見る。 特に朝の時間帯だ。 ちょうど同い歳くらいの人がプロデューサーとかしてるんだろうな。 渋谷系臭がプンプンする。 その中でもシャキーンという番組で時々かかる「速度のうた」( …